【ほうじ茶の人気は止まらない!その秘密をご紹介】

ここ数年、大手コーヒーチェーンからほうじ茶フラペチーノが発売されたり、食品メーカーからほうじ茶のアイスクリームやお菓子が続々登場したりと、ほうじ茶が注目を集めています。
どうしてここまでほうじ茶が日本人に支持されるのでしょうか。
日本人を惹きつけてやまない「ほうじ茶」の魅力と歴史に迫ります。

 

ほうじ茶の特徴

「ほうじ茶」とは、煎茶や番茶などの茶葉を焙煎したお茶のことです。一番の魅力は、リラックス作用のある芳ばしい香りとスッキリとした味わい。焙煎することで、お茶の苦み成分であるタンニンが減少し、苦みと渋みが少ないのも特徴。カフェインの量に関しては煎茶や玉露、紅茶、コーヒーに比べると少なくなっています。

 

ほうじ茶の香りはどこから?

ほうじ茶の魅力といえば、その芳ばしい香り。なぜほうじ茶はそのような魅惑の香りを放つのでしょうか?
お茶博士としても知られる大妻女子大学名誉教授・大森正司先生の文献も参考にしながら紹介していきます。
大森先生によると、リラックス効果のあるほうじ茶のいい香りは、科学的にこう説明できるようです。

『ほうじ茶は、茶葉に含まれる成分のアミノ酸と糖が熱に反応して、香ばしい匂いを生成します。これはアミノカルボニル反応と呼ばれ、すき焼きや蒲焼、ビスケットやパンなどの匂いもこの反応によるものです。』※

「アミノカルボニル反応」によって発生するほうじ茶の香り成分は「ピラジン」、「ピロール」、「フラン」と呼ばれます。
「ピラジン」は、芳ばしい香りを生み出す成分の代表格。リラックス効果が期待でき、疲労回復や血液促進にもよいと言われています。
「ピロール」はほのかに青臭みを帯びた成分で、「フラン」は甘い香りを放つ成分です。このような特殊な香り成分によって、あのほうじ茶のいい香りが生み出されていたのです。

ほうじ茶

ほうじ茶が茶色・褐色なのも「アミノカルボニル反応」によるものだそう。確かに、すき焼きやビスケットも褐色です。そのほか、チョコレートやおせんべい、ご飯のおこげも同様の反応が作用しているとのことです。「アミノカルボニル反応」はとても身近な存在です。

※参考『お茶の科学 「色・香り・味」を生み出す茶葉のひみつ(大森 正司)

ほうじ茶の歴史

では、ほうじ茶はいつ頃から日本人を癒してきたのでしょうか?
ほうじ茶が誕生したのは昭和初期、京都の茶商が考案したと言われています。
お茶屋は当時、昭和恐慌による不況のあおりを受け、お茶が売れず、大量の在庫を抱えていたそうです。
お茶の保存技術はまだなく、お茶は茶箱に入れて倉庫におかれたまま。お茶はすぐに劣化し、売れ残ったお茶は処分するしかありませんでした。
そういった苦しい状況のなか、京都の茶商が事態を打開する策として「ほうじ茶」が開発されたというストーリーが語り継がれています。

一説によると、その茶商は、京都大学に古くなったお茶を持ち込んで、教授に相談し、茶葉を乾燥させて焙煎するというアイデアをもらったのだとか。
その後、お茶の消費が全国的に伸びるのに比例し、各地にほうじ茶の文化が広がっていきました。

明治時代と思われる日本の茶園風景

しかし、ほうじ茶ようなお茶は明治や大正時代に存在していたと言う説も。実際のところ、ほうじ茶のはじまりに関する公式な記録や文献は残されておらず、確かなことは謎に包まれています。

 

加賀棒茶とは?

日本のほうじ茶文化のなかでも、個性的なのが石川県を中心に広まった「加賀の棒茶文化」です。近年では、大手カフェチェーンの「スターバックス」やチーズタルトの「ベイク」、飲料メーカーの「ポッカサッポロ」といった企業から加賀棒茶関連の商品が販売され、話題を集める「加賀の棒茶」。その歴史を探ります。

「棒茶」

一般的に「棒ほうじ茶」や「茎ほうじ茶」と呼ばれる、お茶の茎を焙煎したほうじ茶の発祥は、金沢市だと言われています。

江戸末期から明治にかけて主要な輸出品だったお茶。大量のお茶が生産される一方、製造過程で取り除かれた茎は商品にならず処分されていました。
その茎に目をつけた金沢市のお茶屋・林家新兵衛が明治35年、茎を焙煎したほうじ茶「棒茶」を開発。一般庶民向けの手頃な価格のお茶として商品化したため、棒茶は金沢・加賀地方で普及。今では石川県でお茶といえば「棒茶」と言われるまでの存在になりました。

 

昭和58年、石川県の棒茶に新たな歴史が生まれます。加賀市にある老舗のお茶屋が、金沢市を訪れた昭和天皇に棒茶を献上。天皇はその味に満足され、お持ち帰りになったという逸話が残っています。

 

その後、そのお茶屋が「献上加賀棒茶」という名前でほうじ茶を製品化。それをきっかけに「加賀棒茶」の名前が広く知れ渡りました。
現在では、石川県の多くのお茶屋が独自の製法で「加賀の棒茶」を販売し、金沢市や加賀地方の棒茶文化を育んでいます。

金沢市のひがし茶屋街

ほうじ茶といっても、お茶屋ごとにその製法、焙煎度は異なります。
ぜひお口に合う、お気に入りのほうじ茶を見つけてください。

Editor

  • 三浦一崇
  • 三浦 一崇
    Kazutaka Miura

    NewTitleディレクター。雑誌編集者として5年、PR会社で広報マンとして3年、メディアの仕事に携わってきた経験を生かし、ジャーナリズム精神を忘れず、お茶のおもしろいことを発信中。

Next

2019.02.04

お茶を生み出すツバキ科の植物『チャノキ』の正体とは?