『東急ハンズ新宿店』で手に入るオススメお茶グッズ10選!
道具が変われば、お茶がもっとおいしく、快適に

生活雑貨やコスメ、文具、トラベル用品など、多彩な商品を販売している『東急ハンズ』。キッチン用品売場ではお茶関連のアイテムも多く取り揃えています。


今回は、『東急ハンズ』の旗艦店である新宿店を訪問。キッチン担当の菊池さんにオススメ&売れ筋のお茶グッズを教えてもらいました。
どれも東急ハンズらしい、実用性とデザイン性を兼ね備えたアイテムばかり。
そんなお茶グッズを使えば、お茶を淹れるのがもっと楽しく、快適になるはずです。

まずはオススメの急須・ティーポットなどお茶を淹れるためのアイテムをご紹介します。

東急ハンズ新宿店 キッチン担当の菊池さん

 

『ワンタッチティーポット ユニティ』(KINTO)

容量 460ml 2200円(税別)、容量 720ml 2400円(税別)

「このティーポットは紅茶、緑茶、ウーロン茶、ハーブティーなど、どんなお茶でも使えます。シンプルなつくりなのですが、デザインがよく、とても使いやすいんですよ。お手入れが簡単なのもいいですね。不動の人気商品です」(菊池さん)

 

ティーウェアやコーヒーウェアを展開する日本のブランド「KINTO」。『ワンタッチティーポット ユニティ』は、茶葉が漉せるストレーナーとフタが一体型になっているティーポットです。持ち手が握りやすく、注ぎやすいのもポイント。そして、お手入れもしやすく、実用性の高い商品。人気なのも納得です。
『東急ハンズ新宿店』では460mlと720mlの容量の2タイプを販売しています。

 

 

『茶茶急須』(HARIO)

容量300cc 1200円(税別)、容量450cc 1200円(税別)

「東急ハンズ新宿店の急須・ティーポットで一番売れているのがこちらの商品です。値段がお手頃で、使いやすいのがポイント。これから本格的にお茶を飲んでみたいという方向けの入門編急須としてもオススメです」(菊池さん)

 

「HARIO(ハリオ)」は、1921年創業の日本を代表するガラスメーカー。急須や水出しボトルをはじめ、お茶関連商品を数多く販売しています。
『茶茶急須』は、色やにおいがうつりにくい耐熱ガラス製の急須。「HARIO」のロングセラーアイテムです。かご網タイプの茶こしが付いていて、どんなお茶にも対応。『東急ハンズ新宿店』では、300ccと450ccの容量の2タイプを販売しています。

 

 

『蓋なし急須(白/黒)』(カネカ北川製茶)

容量320cc 2900円(税別)

「こちらは一見ユニークな蓋のない急須です。急須の蓋だけ割ってしまったというお客様が多いのですが、この急須は最初から蓋が付いていないので、蓋を割る心配をしないで使えます。茶殻が捨てやすく、手入れがとてもしやすいですね。デザインもかわいらしく、若い方に人気です。蓋がないので、お茶の香りが楽しめるのもいいですよ」(菊池さん)

 

『蓋なし急須』は日本を代表する急須の産地である常滑で作られている急須です。茶こしの目がとても細かいので、どんなお茶にも対応し、茶葉が目詰まりしないのも特長です。こちらの急須も入門編として若い方が購入していくことが多いそう。

 

続いては、オフィスやアウトドアで使えるボトルやタンブラーをご紹介します。

 

 

『フィルターインボトル ポータブル』(HARIO)

容量400ml 2000円(税別)

「持ち運びに最適なサイズの水出し用ボトルです。キャップ部分に茶こしになるフィルターが付いているので、茶葉をそのままボトルに入れて簡単に本格的な水出し茶が楽しめる便利アイテムです」(菊池さん)

 

ハリオのベストセラー商品「フィルターインボトル」をコンパクトにし、2019年に新発売されたアイテム。素材はガラスではなく、PCT樹脂(トライタン)と呼ばれる、耐熱・耐久性に優れた素材です。軽量で持ちやすいので、ヘビーユース間違いなし。オフィスやアウトドアなど、日常のあらゆるシーンで大活躍してくれます。

 

 

『ツイスティー』(ビタントニオ)

容量380ml 2400円(税別) 

「ツイスティーは本体をひねると内側の弁が閉まり、茶葉とお茶をセパレートしてくれる便利ボトル。渋くなったり、味が濃くなり過ぎるのを防ぎ、好みの風味をキープできます。また、ボトルにお湯を足して、2杯、3杯とお茶を味わえるのもポイントです。他のタンブラーやボトルにはないユニークな構造が好評で、よく売れています」(菊池さん)

 

「ビタントニオ」は日本のキッチン・生活家電ブランド。デザイン性の高いアイテムを多く展開しています。持ち運びできる急須とも言える『ツイスティー』はギフトとしても人気の商品です。

 

 

『トラベルタンブラー』(KINTO)

容量350ml 2600円(税別)、容量500ml 2800円
(税別) 

「KINTOのトラベルタンブラーはよく売れています。オフィスにもアウトドアにもハマるデザインが魅力的です。ブラックやシルバー、ブルー、レッドなど色のバリエーションが多いのも人気の秘訣でしょうね。あと、飲み口部分が樹脂製で、口当たりがいいのもポイントです」(菊池さん)

 

真空二重構造になっていて優れた保温保冷効果を発揮するKINTOの『トラベルタンブラー』。シンプルな見た目ですが、実用性が高い商品。飲み口は、勢いよくお茶が出てしまうのを防いでくれる構造になっています。サイズは350mlと500mlの2サイズ。

 

 

POKETLEボトル』(POKETLE

『水筒・タンブラー売り場でここ最近、最も勢いよく売れているのがPOKETLEのミニボトルです。高さ約14cm、容量約120ccという今までになかった極小サイズで、女性に大人気です。コンパクトかつ軽量なので、バッグに入れても邪魔にならず、持ち運びにとても便利なんです。買い物やペットの散歩といったちょっとしたお出かけ中に喉が渇いたときなど、日常のちょっとしたときにオススメのボトルです』(菊池さん)

容量約120ml 1200円(税別)

ポケットにすっぽりと入ってしまう極小サイズのボトル。素材はステンレスで、保温性もしっかりと備わっています。カラーバリエーションも豊富でギフトにもオススメです。

 

 

『お茶ミル・Ⅱ』(ポーレックス)

6000円(税別)

「茶葉を粉末にしてお茶の栄養を丸ごと摂りたいという方に人気のお茶専用のミルです。最近は粉末にしたお茶を料理やお菓子で使いたいという方の購入も増えています。デザインもスタイリッシュでいいですね。持ち運びもしやすいので、キャンプなどアウトドアシーンにもオススメです」(菊池さん)

 

コーヒーミルの製造にも定評がある日本メーカー「ポーレックス」の『お茶ミル・Ⅱ』は、挽き立てのお茶の豊かな風味が味わえるミル。茶葉専用の石臼型刃を採用し、刃がセラミック製なので金属臭がなく、お茶そのものの風味を楽しむことができます。茶葉を入れてハンドルを回すだけで簡単に粉末緑茶が作れる便利アイテムです。

 

 

『39セラフィルター』(39ARITA)

4500円(税別)

日本を代表する焼き物の産地、佐賀県有田で製造されているセラミック素材(陶器製)のフィルター。通常のセラミックではなく、数ミクロンの穴が無数にある多孔質セラミックという素材で作られ、遠赤外線効果とセラミックの力で水のカルキ臭や不純物を取り除きます。その結果、お茶の雑味やえぐみが抑えられ、風味をまろやかにすると言われています。

 

「39セラフィルターは、コーヒー用の器具として販売されているのですが、お茶好きの方にも人気です。浄水器の代わりとしても使え、水を通すとまろやかになると言われているので、このフィルターに通したお湯または水でお茶を淹れるというのもオススメです」(菊池さん)

 

 

東急ハンズ新宿店には、茶缶や茶さじをはじめ、お茶を快適に飲むための雑貨も充実しています。ステンレス製の茶こしは、小さなものから特大サイズまで、幅広いサイズを取り揃えています。
お茶雑貨でオススメは、マイボトルやマグカップでお茶を飲むときに便利な『マグ用簡単茶こし』。ボトルやマグカップに固定できるテープが付いています。オフィスでリーフタイプのお茶を飲むときにも活躍してくれます。

『マグ用簡単茶こし』(パール) 189円(税別)

 

以上になりますが、気になるアイテムは見つかりましたでしょうか?
ここで紹介した商品の一部は、東急ハンズ新宿店以外の全国の東急ハンズ各店のほか、オンラインストアでも販売しています。
ぜひそちらもチェックしてみてください。

 

 

店舗情報
東急ハンズ新宿店
住所  東京都渋谷区千駄ケ谷5-24-22タイムズスクエアビル2~8F
TEL  03-5361-3111
営業時間 10:00~21:00
定休日 不定休
https://hands.net/

 

Editor

  • 三浦一崇
  • 三浦 一崇
    Kazutaka Miura

    NewTitleディレクター。雑誌編集者として5年、PR会社で広報マンとして3年、メディアの仕事に携わってきた経験を生かし、ジャーナリズム精神を忘れず、お茶のおもしろいことを発信中。

Related Article

  • メディーチャ(東京・青山)

    お茶・音・光・香りを融合させたメディテーションスタジオ「メディーチャ」 2019年6月、東京・青山にオープン

    • #日本茶
    • #瞑想
  • お茶の定期便サービス『TOKYO TEA JOURNAL』

    月額500円!お茶の定期便サービス『TOKYO TEA JOURNAL』が2019年5月2日(木)よりサービス開始

    • #日本茶
  • 『隣のお茶は、青い』

    【イベントリポート】知覧茶の魅力を日本茶カフェのオーナーに発信!知覧茶イベント『隣のお茶は、青い』が東京・原宿で2019年2月に開催

    • #日本茶
  • 東京下町 春のお茶めぐり

    【「11」の出店ブースをご紹介!】 日本茶イベント『東京下町 春のお茶めぐり』東京・日本橋人形町で2019年4月20日(土)に開催

    • #日本茶
  • 星のや東京 『脱デジタル滞在~武士の鍛錬~』

    剣術の稽古と瞑想でデジタルデトックス! 「星のや東京」が武士の鍛錬をテーマにした1泊2日の滞在プログラムをスタート

    • #日本茶
    • #瞑想
  • 日本茶アワード2018/TOKYO TEA PARTY

    【日本茶アワード2018】結果発表! 全国の消費者が選んだおいしいお茶19選

    • #日本茶
  • 「マイキータ」のポップアップショップ

    ベルリン発アイウェアブランド「マイキータ」と老舗日本茶専門店「一保堂茶舗」がタッグ! ポップアップショップを一保堂茶舗 東京丸の内店に期間限定オープン

    • #日本茶
  • ホテル 1899 東京(東京・新橋)

    お茶テーマにした都市型ホテル『ホテル 1899 東京』が2018年12月1日(土)、東京・新橋に誕生

    • #ホテル
    • #日本茶
  • teaholics

    「本物」を届ける紅茶ブランド『teaholics』が描く、和紅茶の明るい未来

    • #和紅茶
    • #紅茶
Next

2019.05.09

月額500円!お茶の定期便サービス『TOKYO TEA JOURNAL』が2019年5月2日(木)よりサービス開始