人気のお茶エッセイが映画化!
茶道教室が舞台の映画『日日是好日』が10月13日(土)に公開決定

エッセイスト・森下典子が、町の茶道教室に通い続けた約25年間の日々を綴った人気エッセイ『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)がこの秋、日本映画界屈指の実力派キャスト・スタッフによって映画化されます。


それに先立ち先日、映画『日日是好日(にちにちこれこうじつ)』の公開日が10月13日(土)に決定し、特報映像と第一弾ポスターが完成しました。
そのポスターには「Let it Tea. 史上初。お茶の映画できました。」のキャッチコピーが。今作は、現代映画では初めて茶道教室を舞台にお茶の世界を描き、茶道経験者の“あるある”が満載のユーモラスな描写になっているそうです。

『日日是好日』第1弾ポスター ©2018「日日是好日」製作委員会

主人公の典子を演じるのは、『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀女優賞)を最年少で受賞した黒木華。典子に茶道を教える武田先生役に名女優の樹木希林。また、主人公のいとこ・美智子役には多部未華子と、豪華女優陣の共演に注目が集まります。なお、監督・脚本は『まほろ駅前』シリーズや『さよなら渓谷』の大森立嗣。
お茶の先生役である樹木希林も、黒木華も茶道は未経験で、多部未華子も幼少期に多少の経験があるのみ。撮影前に短期集中で指導を受けた三人は、指導者も驚くほどの集中力で茶道を習得したそうです。

 

公開された映像は茶道の稽古シーンからスタート。典子が顔をしかめながら「これって、何やってるんですか?」と言う場面や、四苦八苦する典子たちを見て「お茶って、まあそういうものなのよ」と武田先生が微笑む様子、畳の上を決められた歩数で歩く典子の姿などが映し出されています。

 

 

ぜひ続報にもご注目ください。

 

Editor

  • Newtitle Editor Team
  •  
    newtitle_admin

Related Article

  • ZEN&BED 望月庵(山梨・甲州)

    寺をリノベーションした山梨県の宿坊で、茶と禅の世界を通してマインドフルネスを

    • #坐禅
    • #茶道
Next

2018.05.24

注目の茶葉ブランド「EN TEA」がプロデュース! ”香りをたべる”お茶のアイスクリームが新発売!