横置き保存が可能に!
ハリオのフィルターインボトルに角型ボトル「カークボトル」が新登場

耐熱ガラスメーカー「HARIO(ハリオ)」のワインボトル型の水出し茶ボトル「フィルターインボトル」に、角型のボトル「カークボトル」が登場した。従来は丸型だったが、角型になったことで、横置き保存ができ、冷蔵庫内でコロコロと転がることもなく、スッキリ収納できるようになった。サイズは1.2リットル。「大容量で、落としても割れないボトルが欲しい」というユーザーからの声に素材とデザインで応えた。

本体ボトル部分は、見た目はガラスのように見えるが、実はPCT樹脂(トライタン)でできている。トライタンは「割れないガラス」とも形容される特殊な合成樹脂素材。欧米諸国では、赤ちゃんの哺乳瓶に使われている安心の素材で、落としても割れないほどの丈夫さと耐熱性を持つ。
「カークボトル」は食洗機や熱湯も使える扱いやすさと、まるでガラス製品のような透明感を併せ持つ優れものだ。

カラーは、やさしいナチュラルカラー(スモーキーグリーン、ホワイト、スモーキーピンク)の3色展開。注ぎ口の内側にはフィルターが付いているので、水出し茶はもちろん、フレーバーウォーターなどの好きな飲み物を色分けして使うこともできる。冷蔵庫から取り出す時に、中身がすぐにわかるのも嬉しい。軽くて、落としてもそう簡単には割れないため、食卓での使用はもちろん持ち運びやアウトドアなど、ますます使用シーンが広がりそうだ。

 

製品情報
本体価格 2500円(税別)
サイズ 幅90・奥行90・高さ320  口径85 mm
実用容量 1200 ミリリットル
材質 本体/PCT樹脂、注口・キャップ・フィルター/ポリプロピレン、パッキン/シリコーンゴム
カラー スモーキーグリーン、ホワイト、スモーキーピンク
原産国 日本
http://www.hario.com

Editor

  • Newtitle Editor Team
  •  
    newtitle_admin

Next

2018.04.10

ハーゲンダッツ初の和スイーツ専門店「Häagen-Dazs 茶房」が4月18日(水)から5月6日(日)まで銀座に期間限定オープン!