日本茶ショップ「GEN GEN AN」の丸若裕俊氏が仕掛ける
クラフトビール × 日本茶のコラボレーション!

誰でもオリジナルのクラフトビールが造れる醸造所「TOKYO ALEWORKS(東京エールワークス)」が2018年5月1日(火)、東京・板橋にオープンした。

専門知識を持ったブリュワーと共に、最小仕込み20リットルからビール造りが体験できるこちらの施設。アメリカの最先端醸造技術を導入し、醗酵の様子をリアルタイムで可視化するなど、データやレシピをシステム管理することで、思い描いた通りのオリジナルビールを高い再現性で造ることができるのが特徴だ。

東京エールワークスの醸造設備

東京エールワークスでは、様々な分野で活躍する人々とのコラボレーションやプロ・アマ問わず誰もがビール造りという創造的な時間を共有できるコミュニアル(Communal)な場を提供していくという。
その第一弾コラボレーションとなるのが、東京・渋谷の日本茶ショップ「GEN GEN AN」をプロデュースし、プロダクトプロデューサーとして活躍する丸若裕俊氏との「Green Tea IPA」プロジェクトだ。

日本茶シーンに新風を巻き起こしている丸若裕俊氏

丸若氏は2017年、新たなお茶の未来を生み出す試みとして、佐賀・嬉野の茶師・松尾俊一氏と共に茶葉ブランド「EN TEA」を立ち上げた。今回のコラボレーションでは「EN TEA」の緑茶、焙じ茶、ゆず緑茶を使った「Green Tea IPA」、「Roasted Green Tea Stout 」、「Yuzu Tea White」の3種類のビールが発売される。

茶師・松尾俊一氏のお茶は国内外で高い評価を得ている
GEN GEN ANでも提供されている緑茶、焙じ茶、ゆず緑茶

緑茶ビールの開発に携わったビール造りのスペシャリスト・ボブ ストックウェル氏は「EN TEA」の茶葉を生産する佐賀・嬉野まで足を運び、お茶について学んだ。そして、ビール造りの工程で茶葉の香りを引き出すために研究を重ね、試行錯誤の末に、ホップのようなフレッシュでフルーティーな茶葉の香りが楽しめる緑茶ビールの開発に成功したという。
そんな気になる東京エールワークスと丸若氏のコラボビールは2018年6月中旬に発売を予定している。

ボブ ストックウェル氏(左)と松尾俊一氏

TOKYO ALEWORKS
住所:東京都板橋区板橋1-8-4 板橋Cask Village 1階
電話番号:03-3579-8587
営業時間:11:30-23:00
定休日:なし
URL  http://tokyoaleworks.com/

 

Editor

  • 三浦一崇
  • 三浦 一崇
    Kazutaka Miura

    NewTitleディレクター。雑誌編集者として5年、PR会社で広報マンとして3年、メディアの仕事に携わってきた経験を生かし、ジャーナリズム精神を忘れず、お茶のおもしろいことを発信中。

Next

2018.03.05

嬉野の若手茶農家たちが牽引し、嬉野茶の魅力を発信する革新的プロジェクト「嬉野茶時」とは?