「山善」から1℃単位で温度調節が可能な電気ケトルが新発売!

家電製品を手がける山善から温度調節機能を搭載した電気ケトル「YKG-C800」が登場した。2018年1月中旬から全国の家電量販店およびホームセンター、直販サイト「くらしのEショップ」などで順次発売される。
 
カラーはマットなブラックで、スタイリッシュな印象
電気ケトル「YKG-C800」は、60℃・70℃・80℃・85℃・90℃・95℃の6段階の温度がプリセットされた「温度選択スイッチ」と、60~100℃まで1℃単位で温度調節が可能な「温度設定スイッチ」、ワンタッチで沸騰させることができる「沸騰スイッチ」を搭載。1℃単位で温度調節ができるのはお茶好きには頼もしい限りだ。
 
 
さらに、60分間の保温機能を搭載しているのも魅力。沸騰スイッチ、温度選択スイッチ、温度設定スイッチのいずれかで温度を設定後、または加熱中や加熱後に保温スイッチを押すと最後に設定した温度で保温ができるという優れもの。
湯量の調節がスムーズにできるよう細口ノズルを採用し、急須やティーポットにお湯を注ぎやすい設計になっているのも嬉しい。
 
 
価格はオープン価格だが、直販サイト「くらしのeショップ」では8618円(税込)となっており、店頭でも8000円前後で販売される。現在、国内ブランドのハリオ、ティファール、米国ブランドOXO(オクソー)などから温度調節が可能な電気ケトルが発売されているが、それらの価格は、ハリオ 21600円(税込)ティファール 12420円(税込)OXO 20000円(税込)となっており、国内で発売されているケトルの中で最安値を実現した。
一度使い始めたら通常の電気ケトルには戻れないと言われる温度調節機能搭載の電気ケトル。ぜひ山善の新作でその使い心地の良さを味わってほしい。
 
 
商品情報
本体サイズ 約 幅285×奥行190×高さ240mm
販売店 全国の家電量販店・全国のホームセンター・ 直販サイト「くらしのeショップ
価格    オープン価格(店頭)、8618円(税込、くらしのeショップ)
 

Editor

  • 三浦一崇
  • 三浦 一崇
    Kazutaka Miura

    NewTitleディレクター。雑誌編集者として5年、PR会社で広報マンとして3年、メディアの仕事に携わってきた経験を生かし、ジャーナリズム精神を忘れず、お茶のおもしろいことを発信中。

Next

2017.12.29

お茶好きは見逃せない!耐熱ガラスメーカーのハリオからお茶の愉しみ方が広がる「耐熱フレーバーグラス」が新発売